バリとエステのつながり

バリとエステのつながり

キレイになりたいと願う女性には興味深い美容の世界。

中でもエステティックサロンは日本独自なものから、海外の要素を取り入れたものまで様々です。

その中の一つのバリエステは日本にもたくさんの専門店があり、日本人にとても馴染みのあるものとなってきています。

そもそもバリでは美容目的というよりかは民間療法の一種で、体の不調を感じる人はオイルによるオールハンドマッサージを受けることで体のコリや老廃物を流し、疲れを取り除く役割として男女問わず重宝されてきたものです。

エステというと、女性が行く痩身や脱毛などの美容術ではなく、体のコリをほぐすリラクゼーションをいう考えの方が合っているでしょう。

もちろん痩身を売りにしたエステティックサロンもありますが、体の中のリンパの流れを良くすることで新陳代謝が上がったり、デトックスの効果もあるので、言い方違うだけで、健康的に美しくなれることは同じことですね。

抵抗のある男性の方もいるかもしれませんが健康目的と考えると行きやすいですね。

バリエステを学ぶ留学コース

バリエステの技術者になるでになるためには一定期間の研修が必要になります。

本場で技術を取得するカリキュラムもありますし、お店で働きながら技術を取得することもできます。

一般的にバリのエステの資格は国家資格ではなく認定資格なので、比較的取得しやすい資格になり、資格を取得することができれば個人でお店を開業することも難しくはありません。

まだ、大手のエステサロンが多いのは事実ですが、完全予約制の自宅の一室を改装しているような隠れ家的サロンもとても増えてきています。

そのように資格をとっておくと、女性の出産、育児後の社会復帰も仕事に戻りやすく、その上個人で開業すれば、自分のペースで仕事ができるので人気を集めています。

そういった手に職を持つことで、自分の出来ることも増えてきます。
バリエステで綺麗になる

客層も比較的自立したキャリアウーマンが多いので、癒しを求めている人にとっては完全個人店での一対一のおもてなしを好む方も多いでしょう。